トレイルライドに最適の時期ですよ
by: 齋藤 雄介

 

という訳で走ってきました。

今回も前日の夜まで雨が降っていたのですが午前中から晴れ間が広がっていたのでとりあえず山裾まで言ってみると、

ちょっと湿った感じはありますが全然OKだったのでそのまま突入です。

小さい山をつないで行く感じで押しや担ぎの区間もかなりあります。

ますは行ったことのない方の山頂を目指しましたがバイクに乗る区間は全くなく完全に押しと担ぎのみでした(^▽^;)

 

P1020878.jpg

 

低い小さい山ですが気軽に山登りを楽しめるのかハイカーの人達をよく見かけました。

ハイカーの方達とすれ違う時には「こんにちわ」と気持ちよく挨拶をかわすと自然と会話も生まれます。

「こんな所まで自転車できたの!?」とこの日はよく言われました(笑)

ハイカーの方達と遭遇する機会が多いと思いますので、山を走らせてもらっているという気持ちを忘れずマナーを守りながら楽しみましょう。

 

P1020880.jpg

P1020883.jpg

 

今日はとなりの山の山頂までは行かず裏の小道を行き見晴らし台まで行ってから下ることにしました。

とここまでは良かったのですがこの後思わぬ災難に遭遇するハメになろうとは(ノ△・。)

何やら下の方から声がするので覗いてみると遠足の子供達が登ってくるではありませんか!

こりゃいかんと思い初めての道を下りようと…したのがダメだった。

苔むした岩、水を含みツルツルに固まった土、大きな段差、折れたおおきな枝が散乱し明らかに手入れがされておらず仕方なく下りも押していくことに。

特に路面は荒れ段差がひどくチェーンリングをヒットしそうになります。

途中から乗れそうだったので下りはじめた次の瞬間、バイクがとまり前方に投げ出され顔面着地しました。

名古屋城のシャチホコばりにエビ反っていたと思います(-。-;)

確認してみると大きな段差の後に丁度おおきな穴がありそこに前輪がハマッたようでした。

幸い怪我もなくバイクも大丈夫でしたのでこの日はトボトボ帰りました…。

本当にヘルメットを被っていてヨカッタ。

 

 

連日スペシャルスタッフが最新情報を更新中!
新しくなった『ワイズロード新宿本館』スペシャルホームページ!!

SPHP_banner400.jpg

 

 

 

 

 

前の記事へ

次の記事へ